妊婦が勉強している

妊娠とアフターピルの仕組み

女性にはエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが存在します。この2つのホルモンが女性ホルモンなのです。エストロゲンは生理初日から排卵日まで分泌しはじめます。この時期の女性の体は妊娠をしやすくする準備を始めています。

その後プロゲステロンが排卵日から分泌をはじめて生理前になると大量に分泌されます。この時期の女性の体は妊娠を維持しやすい環境を整えているのです。プロゲステロンの分泌がピークを迎えると、一気にプロゲステロンは低下します。

この現象は妊娠が見られなかった時におこる現象で妊娠を維持しやすいようにしていた子宮内に受精卵が着床しなかったことで今度は子宮内膜を剥がして掃除を始めるのです。この時に生理が起こるというわけです。

そしてアフターピルにはプロゲステロンが大量に含まれているため、徐々に分泌されるはずのプロゲステロンが一気に摂取されるので体が驚いて副作用が出てしまうことがあるのです。

また、アフターピルの副作用は妊娠の初期症状や生理痛に似ているという人もいます。というものアフターピルの成分であるプロゲステロンが生理前に大量に分泌される為です。
なので吐き気や倦怠感と言った副作用が出てしまったり、プロゲステロンが体を妊娠状態と勘違いすることで妊娠を維持しようとしてしまうからなのです。
砂時計
しかし、一時的な作用なので服用して2日後にはアフターピルの成分は体から抜けてしまいます。体から成分が抜けても数日副作用が続く人もいますが、体がまだ驚いているだけでしょう。

しばらくは様子を見て治らなければ病院へ行きましょう。アフターピルの作用ではなく別の不調で具合が悪くなっている場合があります。副作用として生理周期が乱れる傾向がありますが正常に生理周期が来ている女性は3ヶ月ほどで元の生理周期にもどります。

アフターピルはホルモン剤なので体への負担は一時的なものです。服用方法を守って頻繁に使用しなければ避妊ができます。